一粒万倍日

一粒万倍日とは?

稲穂のイメージ
photo by shutterstock

初めてこの言葉を知った方も少なくないと思います。ひとつぶまんばいび?ひとつぶまんばいにち?なんて読むのか分からないですよね。これは、「いちりゅうまんばいび」もしくは「いちりゅうまんばいにち」と読むのが正解です。

 

有名な吉日として大安という日があります。一粒万倍日は、その大安にも並ぶ大変に縁起のよい吉日なんです。

 

一粒万倍(いちりゅうまんばい)とは、たった一粒の籾(もみ)が万倍にも実り、写真のような素晴らしい稲穂になることを表しています。

 

"手元にあるわずかな物で始めた事が何倍にも膨らむ"とされ、新しい物事をスタートするにはもってこいの日

 

この吉日は月に4~7回あるので、「大安」や「寅の日」「天赦日(てんしゃにち)」など他の吉日と組み合う事も多いのが特徴です。

 

そのような日には、一粒万倍日の効果が倍増するとも言われています。逆に、仏滅などの凶日と重なったら半減してしまうようです。

一粒万倍日に行うと良いとされている事

新しい事をスタートするのに最適

  • 開業
  • 仕事始め
  • 種まき
  • お金の支出に関する事(出資など)
  • 結婚
  • 祝い事
  • 銀行口座の開設
  • 宝くじの購入 など

一粒万倍日に行うと良くない事

苦労の種が万倍にも膨らんでしまう

  • 借金など人から物を借りること

2016年(平成28年)の一粒万倍日 一覧

1月 7(木) 10(日) 19(火)
22(金) 31(日)
2月 3(水) 6(土) 13(土)
18(木)※ 25(木)
3月 1(火)※ 9(水)※ 16(水)
21(月) 28(月)
4月 2(土) 12(火) 15(金)※
24(日) 27(水)※
5月 9(月) 10(火) 21(土)
22(日)
6月 2(木) 3(金) 5(日)
16(木) 17(金)※ 28(火)
29(水)※
7月 11(月)※ 14(木) 23(土)
26(火)
8月 4(木) 10(水) 17(水)
22(月) 29(月)
9月 3(土) 11(日) 18(日)
23(金)※ 30(金)
10月 5(水) 15(土) 18(火)
27(木)※ 30(日)
11月 11(金) 12(土) 23(水)
24(木)
12月 5(月)※ 6(火) 7(水)
8(木)※ 19(月) 20(火)
31(土)

(※)一粒万倍日 + その他の吉日/2016年

2月18日(木) 大安
3月1日(火) 大安
3月9日(水) 寅の日
3月21日(月) 寅の日
4月2日(土) 寅の日
4月15日(金) 大安
4月27日(水) 大安
6月5日(日) 大安
6月17日(金) 大安
6月29日(水) 大安
7月11日(月) 天赦日
9月23日(金) 天赦日
10月15日(土) 大安
10月27日(木) 大安
12月5日(月) 大安
12月8日(木) 天赦日

2017年(平成29年)の一粒万倍日 一覧

1月 1(日) 13(金) 16(月)
25(水) 28(土)
2月 7(火)※ 12(日) 19(日)
24(金)
3月 3(金) 11(土) 16(木)※
23(木) 28(火)※
4月 7(金) 10(月) 19(水)
22(土)
5月 1(月) 4(木) 5(金)
16(火) 17(水) 28(日)
29(月)
6月 11(日) 12(月) 23(金)
24(土)
7月 5(水) 6(木)※ 9(日)
18(火)※ 21(金) 30(日)
8月 2(水) 12(土) 17(木)
24(木) 29(火)
9月 5(火) 13(水) 18(月)
25(月) 30(土)
10月 7(土) 10(火) 13(金)
22(日) 25(水)
11月 3(金) 6(月) 7(火)
18(土) 19(日) 30(木)
12月 1(金)※ 14(木) 15(金)
26(火) 27(水)

(※)一粒万倍日 + その他の吉日/2017年

2月7日(火) 大安
2月19日(日) 大安
3月16日(木) 寅の日
3月28日(火) 寅の日
6月24日(土) 大安
7月6日(木) 大安天赦日
7月18日(火) 大安
9月18日(月) 天赦日
10月22日(日) 大安
11月3日(金) 大安
11月19日(日) 大安
12月1日(金) 大安

開運日が一目でわかる【開運カレンダー】

2017年のラッキーカラーと干支

縁起の良いにわとりと招き猫

Dr.コパが推奨する2017年のラッキーカラーは、

  • ブルー
  • シルバー
  • ゴールド

の3色。(2016年は「白(ホワイト)」「ラベンダー」「ゴールド」でした。)

 

中でも「ゴールド」は、21世紀を代表する開運色のようです。風水では太陽の象徴する色として、金運・勝負運などを高め、才能を発揮するパワーを秘める色とされていますね。
ただ、とてもパワーが強い色なので、身に付け過ぎには注意が必要!財布やアクセサリー、時計などの1点ものがベストです。

 

そして2017年は「酉(とり)」年!鶏(にわとり)さんの年です。

 

にわとりと言えば「コケコッコー」と鳴いて、たまごをポンッと産んでくれる家禽(かきん)。
というイメージが強いかもしれませんが、中国では古くから、徳を積む「神聖なる鳥」として重用されてきました。

 

日本でも、神の使い(神使:しんし)として神社で飼われていたりします。
伊勢神宮や石上神宮(いそのかみじんぐう)が有名です。

「酉年だから鶏のいる神社がめでたい。」確かにそれもありますが、理由はそれだけではありません。神社にいる鶏は、神様の使いなのです。

2017年酉年 初詣に行きたい!鶏(ニワトリ)のいる神社10選

来年はそんな神のトリ、神鶏(しんけい)に会うことができたらご利益があるかもしれませんね^^